自己愛の強い相手との恋愛で5%の人だけが関係を深められた方法

近年の恋愛相談

占い師じゃなくても分かる苦労

 

近年の恋愛相談において、一番厄介というか原因の解決が難しい相談がある。

 

「自己愛性パーソナリティ障害」

「境界性パーソナリティ障害」

 

この2つの症状が強く出ている人との恋愛相談だ。

 

そもそもこの2つの区別は難しく、類似する症状も多いがよく聞く言動はこんな感じだ。

 

  • こちらが連絡をしても返事がなかなか返ってこない(もしくは全く返ってこない)
  • 向こうからの連絡に反応が遅くなると過剰に反応する
  • 恋愛だけでなく人間関係全般で自分の主張は強いが人の意見は聞かない
  • 意味もなく別れをきりだされる
  • 人から見た自分の評価を過剰に気にしたり、怒り出すことがある
  • 自分が一番大変!一番頑張ってる!との発言
  • 恋愛相手が体調が悪いのに、自分のペースを崩さない
  • 目標達成のために、利用・裏切りに躊躇がない

 

上げだしたらキリがないが、いくつか当てはまると要注意です。

 

医者でもない占い師の私が細かい判断がつくわけもないが、恋愛相談におけるこの2つの障害の症状が出ている人との相談は医者がしているカウンセリング件数よりもはるかに多く、解決の難しさも実感している。

 

細かい症状などの詳しい情報は、かなり分かり易く説明しているサイトがあるのでご紹介しておきます。

 

りたりこ発育ナビのこちらのページが情報としてはおすすめです。

自己愛性パーソナリティ障害とは?特徴やタイプ、境界性パーソナリティ障害との違いって?

 

よく読むと分かるのだが、この2つの症状の強い相手との恋愛は物凄くしんどい・・・(^^;)

 

どの症状が出るにしてもこの恋愛対象の焦点は自分自身に当てられているからだ。

 

このブログによく出てくる歩み寄りや相手を理解する気持ちが大きく欠如しているし、当の本人が自覚すらしてない場合もあるし、自覚していても開き直っていたりされては成すすべがない。

 

占い師じゃなくても、友達や知り合いのしている恋愛の相手が、この2つの症状であったら「絶対苦労する!!」と分かるだろう。

 

でも、私が十代の頃ってこんなの聞いたことなかった気がすると思うのは私だけ?

 

確かに恋愛の苦労話やわがままな人の話は聞いたことがあった・・・でもこんなに多かったか?

 

でも自己愛性パーソナリティ障害や境界性パーソナリティー障害なんて聞いたことなかったはず!

 

近年のウェブの発達や、日本に精神分野の情報が多く入って来たのも原因の一つだと思いますが、私は世の中の流れというか教育というか、自己愛性パーソナリティー障害や境界性パーソナリティー障害の症状がでる人が増えた原因が分かれば、その人とのベストな付き合い方もわかるんじゃないか!と思ってます。

 

潜在的に潜んでいた?

抑えられていた要因

 

日本人の「右向け右!」という集団行動・協調性・個性よりも団体行動が大事!という国民性として影響しているのは、遺伝的な要素と教育の2つがあげられる。

 

遺伝的な要素
アフリカが人類発祥の地と言われているが、日本人のご先祖様が日本にたどり着くまでには様々な困難があったに違いない。一人では乗り越えられない困難を集団で乗り越え、最東の地・日本に移動してきたのだと思います。その遺伝子が日本人には強く刻まれていて「ほかの人と違う行動はだめな事」という潜在意識が働いてると言える

 

教育から受けた要素
戦争中の日本は一つの目標に向かい教育されてきた。戦争では沖縄も多くの犠牲を出した土地だが、その時も理不尽な教育でも一つのことを信じて共通の目標に向かっていこう!という教育でした。

 

この2つが、今まで自己愛性パーソナリティー障害や境界性パーソナリティー障害の症状を抑えていた原因と考えています。

 

だとしたら、遺伝的(潜在的)に持っている要素も、環境でコントロールできる可能性がある!(^^)という結果になりませんか!!

 

パーソナリティー障害の傾向が強い人に、先ずは「自分の価値観はずれている!」と自覚をさせたり、どう接していけばいいかを理解してもらうことである程度コントロールできるということにつながる。

 

じつは占いにくるお客様の統計でもそれは顕著に出ているのだ。

 

今まで占った人の95%は

幸せな結果を出せた恋愛

 

よく占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦と言いますが、いい結果も悪い結果も踏まえて占い師は結果を受け止めるし、どうすることがベストな選択なのかを伝える義務が占い師にはあると考えています。

 

同じような相談をうけたお客様のその後を聞く機会も多々ある。

 

今までの鑑定結果のその後の話を聞くと自己愛性パーソナリティー障害や境界性パーソナリティー障害の疑いがある人との恋愛をしている人の95%は相当苦労しているのは事実だし、解決が見えないこともある。

 

しかし、ごくわずかではあるが相手と向き合って、苦労しながらでも歩み寄っているカップルもいるのも事実だ。

 

自己愛性パーソナリティー障害や境界性パーソナリティー障害の治療方法は確立していないが、多くの同質の相談者からの声をまとめた結果こんな具体的な共通点

 

共通点

パーソナリティー障害本人がどんなに突き放してきても諦めずに根気強く関わること

当の本人に「そこがおかしい!」と言い切れる関係性

同じことを繰り返えされても諦めない、何度も同じ答えを伝え芯を曲げない

 

 

以上の状況・条件を満たしている人たちは、恋愛関係においても前進していっている。

 

相手に嫌われたくない!とか遠慮しながらの付き合いではたどり着くことはできないのだ。

 

占いででた結果を正直に伝えるのも、相手と向き合うための最善を知ってほしいし、できるなら上手くやっていってほしいからだ。

 

このブログの内容に心当たりのある人がまずやるべきは

 

「この人と何があっても向き合っていくぞ!!」という覚悟を持つことだ。

 

 

この覚悟が持てたら、相手がどのタイプのパーソナリティー障害の傾向があるのか、どんな対処がベストかを知る事の順に方向性を決めていきましょう。

 

1人で悩んでもどうして良いか分からずにいても解決はしないんです。

 

友達と、家族と、同僚と話をしてみましょう!

 

周りからは「もうやめな!」と言われるかもしれません。

 

それでも好きになった人と幸せになりたいなら、出来ない!私には無理!と言わず、出来る事から頑張ってみましょう!

ピース
恋愛の事で一人で悩んでいると、仕事もプライベートもモヤモヤしちゃうよね
ラブ
そうだね

相談する相手も選ばないと、時計にテンション下がるときもあるしね

相談者の気持ちに寄り添い開運する為の鑑定を掲げる占い処だからこそ、どんな困難な道でも沖縄占いチュチュの占い師は全力で向き合って応援してくれるよ

ピース
おぉぉ!心強い!!

ちなみに相談内容に合わせたチュチュのメニューはここですよ~

 

以上「幸せな結果を出せた!自己愛の強い恋愛対象との関係を深める方法」でした。

 

 

自己愛の相手との関係を深める方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です