相手に理解してもうには戦闘モードのスイッチを押してはいけない

安らぎの木

よくある会話

 

ラブ
なんで約束したのに早く帰ってこないの!
ピース
仕事(友達)の用事だから仕方ないじゃん!
ラブ
そういえば仕方ない!っていうと思う?

何回目だと思ってるの!

ピース
実際仕方ないじゃん

あーもううるさい、黙ってて

 

実際似たような言い争いを経験した人も多いんじゃないですかね~

 

どっちが間違ってて、どっちが正しいかの言い争いになりがちなこの会話。

 

ハッキリさせたとしてもなんかぎくしゃくしたり・・・

 

結局妥協しか生まないんですよね~(^^;)

 

話し合って結論を出したつもりでも相手の心に刺さってないから同じことを繰り返す・・・

 

さらなる言い争いへ発展・・・みたいな(T_T)

 

今日は相手に分かってもらえるように

 

更に態度も変わってもらえるようにするためのコミュニケーションのお話です(^^♪

 

 

相手の態度を変えるには

 

最初に話しておきますが、相手の態度を変えるには、

 

伝え方と考え方の2つから変えていきます。

 

伝え方を変える

 

先程の会話でのとっかかりがいきなりのケンカ腰の言葉からスタートしてますよね。

 

その時点で相手も戦闘モードや防御モードのスイッチを押してしまいます。

 

その後は会話のキャッチボールではなくドッチボールのような会話になる。

 

「なんで早く帰ってこないんだ!おりゃ」

「仕事だから仕方ないだろ!この!!」みたいな(^^;)

 

戦いから生まれる対話では自分の気持ちをきちんと伝えられませんから

 

伝え方を変える一番のポイントは話し出し方を工夫する事!

 

話し出しを工夫すればケンカの確率は激減するんです。

 

例えば「仕事だから仕方ないと分かってるけど、せっかく約束したし早く帰ってほしかったな~」とか

 

「仕事出遅かったの?」←「なんで遅かったの?と聞くと攻撃的になりやすいので限定して聞きましょう。

 

「仕事だよ」

 

「そっか、じゃあ仕方ないけど、、、仕方ないのわかるから我慢する」と言ってみましょう。

 

まずここからケンカに発展はしにくいですし主張もしっかりできています。

 

もしこれからでも発展する場合は、今回のことに原因があるというよりは

 

それ以前の積み重ねに原因があります。

 

それでも今回のような伝え方の小さな積み重ねが相手からの印象を良くしてくれるので諦めずに頑張りましょうね!

 

考え方をちょっとだけ変えよう

 

なんで早く帰ってきてほしい→早く帰ってもらうには

約束なんで守らんの!→約束を分かってもらうには

なんでイヤなことするの!→自分の嫌なことを分かってもらうには

 

きづきました?

 

「なんで」から「もらうには」に変える事が大切なんです。

 

騙されたと思ってしばらくこの切替を実践してみましょう!

 

いっぽいっぽ頑張れば

 

相手に気持ちを伝えるのも

 

相手が理解してくれることもきっとできるようになりますよ~( *´艸`)

 

相手を理解してもっといい関係を築けるように「彼(主人)の考えてることが分かりません!と思っている貴方へ」も一緒に読んでよりいい関係を手に入れましょう!

彼(主人)の考えてることが分かりません!と思っている貴方へ

 

看板復活

 

沖縄占いチュチュの那覇店の看板が復活しました~

 

チュチュ那覇店

 

ふでで書いたのでバランス悪いのは大目に見ました(^^)/←自分を大目に

 

ではご報告でした~(*’ω’*)

安らぎの木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です