カメラのレンズを通してみる景色

仕事で成功する人の考え方には共通点があった

失敗より成功に焦点を

カメラのレンズを通してみる景色

成功を収める人は、何かにチャレンジした時に、失敗することに躊躇がない。

 

失敗を失敗と捉えずに、途中経過だと思っている。

 

さらに失敗から学べることがあると疑っていない。

 

必要な情報が手に入るくらいにしかとらえていないのだろう。

 

でも失敗に対しての恐怖が無いわけではない。

 

モチベーションはどうやって保つかというと・・・

ピース
は~、また失敗しちゃった失敗すると気持ちが下がるな~。
ラブ

そうだね。

しかも何回も失敗の経験があると、尚更こわいよね。

ピース

うん。

きっと器用な人や、自信がある人ってこんな感情がないんだろうなぁ。

ラブ

もしかしたら、そんな人もいるかもね。

でも、ほとんどの人は失敗に対して怖さは感じてると思うよ。

成功出来る人の考え方って、ちょっとだけ違うんだよね

ピース
それってどんな考え方?
  • 成功する前にあるのは単純につまずいただけ
  • これで成功する可能性がさらに上がった
  • 成功するための情報が手に入った
ラブ

こんな感じに失敗をとらえてるよ。

色々な成功を収める人って、きっと失敗する怖さはあるけど、成功したい気持ちのほうが強いんだろうね

ピース
確かに、失敗と考えたりせずに、途中経過って思えると楽になれるかも

成功するイメージ

嬉しくてジャンプ

ラブ
それに、失敗したらどうしよう・・・という考え方をしていると、失敗するイメージになってしまうよねどうせイメージするなら、成功するイメージをして、つまずきを経験として受け取れれば、反省や改善も素直に受け取れそうだね
ピース
すごく納得できるけど、ピースに出来るかな
ラブ

誰でも最初はむずかしいよね。

イメージする力は鍛えることが出来るから、ピースにも絶対できるよ。

ピース

おぉぉ!本当に!!

どうすればいいの?

ラブ

一番簡単なのは、声に出して「これは失敗じゃない!つまずいただけだ!次は成功できるように、ここに気を付けてみよう!」って言ってモチベーションを保ったり、なぜつまずいたかを自分だけで考えるだけじゃなくて、分析できる人に聞くのもいい方法だよ。

人によっては自分を追い込む人もいるし、気持ちに余裕がないと気がめいってしまう人もいる。

自分に合わせた頑張り方で進めることが大切だね。

何を頑張ればいいかわからなかったり、方向性が見えない場合は一人で悩むより、本を読んだり人と話したりしてもいいと思うよ。

目的を持つ

登頂した女性

目的を持つといっても、難しいことではありません。

 

下記のどれかに当てはめて目標を作ってみましょう。

 

  • 周りと比べてみる
  • 自分との戦い
  • 誰かのために頑張る
  • 収入の為に努力する
  • 欲しいモノや、行きたい場所がある

 

【目的】も【成長】も人それぞれでOKです。

 

モチベーションを保てるように出来たら理想的ですね。

 

それでも疲れたり、やる気が出ない時は一度休むことも大切です。

 

実は、休むことも成功するための行動の一つだし、成功できる人は、メリハリをつけるのが上手!

 

目的がどうしても持てないときは、自分を刺激する情報が足りない時です。

 

色々な人と話をして、足りない情報を手に入れましょう。

 

自己啓発や発想の転換についてのブログが他にもありますので、こちらもご覧くださいませ。